kindle unlimited

2021/04/10

ダイトーボイス NC-3 という店舗用らしいアンプ

 


普段は自作した簡単なモノラルアンプを使って音楽を聞いていますが、お値段控えめなスピーカーで有名なダイトーボイスの店舗用らしいモノラルアンプを手に入れました。

店舗用らしく、見た目より実用重視なつくりで、鉄板ケースやスイッチやボリュームの役割が遠くからでもすぐわかるある意味親切なつくりです。

こちらは中古で ¥2,500-位で購入しました。お値段安いし(平均っぽいですが)状態もよく、見た目も綺麗なのでいいお買い物だったと思います。



このアンプについて調べようと思ったのですが、検索には引っ掛からず、ダイトーボイスのサイトにも載っていなさそうでよくはわからないです。

オークションサイトでは店舗用とかかれていることが多く、確かではないですが、スピーカー端子は外れにくいねじ止めであったり、音声入力もトラブル少なそうなRCAだったり、追加ACが一つついていたりと。きっとそうなのだろうなと思う裏側です。




このアンプを使うにあたり、一つ簡単な工作をしました。LとRを一つにまとめるケーブルです。

手持ちのRCA変換ケーブルの片側を切って、そこにアンプにつなげるRCAジャックを取り付けました。左と右の接続には抵抗はかまさずに、直接繋ぎ、ハンダつけて、グルーガンとビニールテープで仕上げたチープなものですが、ひとまず使う分には問題ないです。


せっかくなので裏蓋開けてみました。問題なく使えているので、これ以上の分解はしていません。なんのIC使っているとかまではわかりませんでしたが、気にしないことにします。


オーディオグレードな部品類ではないですが、全く問題ありません。パーツや見た目からこのアンプが作られた年代はわからないのですが、90年代前半?と勝手に思うことにしました(実際のところは全くわからず)。



これは、ある意味癖なのですが、電源ケーブルは交換しました。今回購入したものは綺麗だったのですが、中古の機器類の電源ケーブルは汚いことが多く、音よりも見た目を気にするので?、今回もオヤイデで購入した電源ケーブルに交換しました。交換した時のハンダはビンテージものを使い、ちょっとだけ意識高くしました。
※ビンテージな音声系のケーブルだったら交換しませんがそこまで古くないと思いますし


簡単に聞いたところ、電源入れると小さなブーンなノイズがはいります。でも店舗で考えればそれなりの音量をだすので気にならないと思いますし、家で音を出していればそんなには気になりません。

音の感じは繊細ではないものの厚みがあり、ボーカルは若干抑えられている印象でした。BGMとして普通に聞けて聞き疲れしにくいかもしれません。

ただ、試聴したスピーカーが能率高めなものなので、ボリュームが上がるか上がらないかのところで結構な音量となるので、私の環境では工夫が必要かなと感じています。






2021/03/21

MacBook Air Early 2014 の SSD を交換しました。

 


これまで、あまり活躍の場がなかったMacBookAir2014です。理由を考えたら、キーボードもなかなか使いやすく、軽いし、解像度はちょっと少ないけど、割り切って使う分には全く問題ないのですが、SSDの容量、128GBは少なすぎることが理由でした。

どれくらい少ないかというと、OSとLogic ProX か Microsoft365 どちらかを選んで使う必要が自分にはあったこと、OSのアップグレードが容量足りずで更新できないとか不便を感じしていたからです。

で、最近 Mac用のSSDも以前に比べ安価になったので、ようやく重い腰をあげてSSD交換をすることにしました。


SSDの交換(物理的作業)

macで使われている m.2 SSDは普段のと異なる仕様らしいので Amazonでレビュー数の多かったこちらを購入しました。



Transcend の JetDrive 850 の 480GB ですが、850シリーズの他に820シリーズもあり、こちらは古めのMacBookにも対応していましたが(Early 2014も含みます)、850の方が、4,000円くらい安かったので速くて安いコチラが絶対お得と思ったのが、失敗ではないけど、認識させるまで苦労することになりました。

850 と 820 のうち速いらしい 850 を選択したのが苦労の原因

必要となるドライバーも付属しています。意外と使いやすいのよかった


ネジは小さいですが、外してしまえばiPhoneなどより簡単に外せます

初めて見るケース内部、バッテリー交換も自分でできそうな予感

820シリーズならこれで作業完了(多分)のはずが・・・

SSDの交換(ソフトウェア編)

ところが、OSリカバリーモードは起動するもののどうしても、SSDを認識しない、元のSSDに戻すと認識することから、故障ではなさそう。とはいえ・・・

で、半日くらい費やしてどうにかSSDを認識させることができました。
※TimeMachineによるデータの戻しはしていません。

まとめると・・・

  1. Appleから10.13以上のOSをダウンロード
    以前のバージョンの macOS を入手する - Apple サポート
    https://support.apple.com/ja-jp/HT211683
  2. 外部USB or HDD にOSのインストーラーを作成
  3. Optionキーを押しながら起動して、先ほど作ったUSB or HDD から起動する
    これで、JetDrive850のSSDを認識することができます。
  4. SSDを認識したら、通常の再インストールと同じ手順でOK
という手順になります。
途中、違うことやってはダメだったりやり直したりと時間がかかりました。

反省?点:入っているOSは10.14とかだからOKと思っていたけどリカバリディスクのOSはずっと前のものだったのに気がつかなかったのが原因でした。


ともあれ、不要と思う苦労をしつつも無事にSSD交換ができたのでよかったです。128GB環境と違い、容量を気にせずに使えるというのは嬉しいです。






Transcend の JetDrive 850 の 480GB ですが、850シリーズの他に820シリーズもあり、こちらは古めのMacBookにも対応していましたが(Early 2014も含みます)、850の方が、4,000円くらい安かったので速くて安いコチラが絶対お得と思ったのが、失敗ではないけど、認識させるまで苦労することになりました。



2021/02/14

le garden

六本木はLe Garageに行ってきました。

 

先日、自分には不慣れな六本木にあるお洒落な Le Garage さんという車に関するグッズ類などを揃えているお店に行ってきました。

目的は、vintagejoinさんが期間限定(2021/2/11〜14)でスピーカーなどを出店するとのことで、以前から欲しくてもなかなか買う機会がなくて、この機会にお邪魔しようということにありました。


上の写真の中の金色の箱が今回、買い求めた vintagejoin mini amp で、ひとまず音のチェックで取り敢えず繋いだものです。こちらは予想、評判通り、シンプルであり、聴き疲れしない優しいアンプでお気に入りです。

本当はisonettaというスピーカーに繋ぐ予定だったのですが、3本ある isonetta スピーカーのどれに繋ぐと好みの音になるのか、取っ替え引っ替えしているとても楽しい段階です。




と、アンプを購入するという目的は果たせたのですが、 Le Garage さんのお店の中もじっくりと見てみました。

お店の印象はお洒落な(ちょっと自信ないけど)主にヨーロッパ系の車に関するグッズ類と輸入物の洗車グッズなどを揃えており、車に詳しくなくてもついつい夢中になります。

そんな中で、フォルクスワーゲンのワゴンのBluethoothスピーカーを見つけました。

上の写真の感じで本体上部にスピーカーが付いていて、bluetoothまたは3.5mmステレオで接続します。

もちろん、音の良さを求めての商品ではないのでその面では期待していませんでしたが、最近の低音ブースト出ない分、ピアノ曲などは素直にいい感じに聞こえました。

置物としても充分満足です。


2020/11/09

レコードプレーヤーの電源線を交換しました。別のカセットデッキは失敗中

 


先日購入しました中古のTechnics SL-2000 という1976年頃のプレーヤーはほぼ毎晩聴いてまして癒されているのですが、交換された電源ケーブルが約70cmと短くて不便だったので交換しました。


裏蓋開けたところです。中央下からでている白い方の線が今回交換する電源ケーブルです。
見たところ、難易度もそんなには高くなさそうで安心しました。


交換する場所は上の写真の右側、ACと基板に書かれていて白い線がつけられている2箇所です。これなら私でも失敗しなさそうです。


交換する電源ケーブルは、秋葉原のオヤイデにて購入したコンセント付きの電源ケーブル2mです。コンセント側の配線が不要なのは便利です。


ハンダはもったいないかもですが、ヤフオクで購入したドイツなビンテージなものを使います。また、あとで気がついたのですが、プレーヤーの足のゴムが切れていたので、Gボンドで止めておきました。こちらもうまくいくといいですが。


30wのハンダゴテなせいかなかなか解けず少し焦りましたが、無事うまくできました。


こちらはいま難航中のSONY TC-2130 初めは動作していたのですが、録音が途中から左チャネルがノイジーになり、分解してみたら、右チャネルが反応しなくなるという下手に手をだしてやってしまった案件。こちららいったん(自分が)落ち着くまで手を出さないで置いておきます。


いま、レコードのクリーニングはこの2つと眼鏡フキンを使っています。始めたばかりなのでやり方変えるかもですが、シンプルな方法から始めました♪

2020/11/03

レコード生活の小さなグレードアップ

 

Technics SL-2000

ここ数年ほしいと思いつつ躊躇してしまっていたことの一つに「アンプにつないでカートリッジ交換できるレコードプレイヤーで音楽を楽しみたい」をようやく実現しました。いまはまだ始めたばかりなので夜な夜な1枚はレコードを聴いて贅沢な?時間を楽しんでいます。



購入したのは Technics の SL-2000 という1976年頃の中古品で、ハードオフの中古品です。値段は 12,000-位だったかです。なるべく失敗したくなかったのでちゃんとしたお店で買いました。



今回はこのお値段でカートリッジ付きだったのが大きな購入のきめてでしたが、針は思い切り迷っていたのでいじくってたら折れてしまい(初めてなので買って分からずで)、交換針も交換しました。



到着のわたしなりの儀式として本体を清掃します。本体表面はプラスチック製だったので、ソフト99のプラスチッククリーナーを本体、レコードカバーを磨きました。写真ではわかりにくいので載せていませんが、カバーの透明度も上がり、きれいにした甲斐アリです。


そうでした。このプレーヤーにはフォノイコライザーは内蔵されていないので別途用意する必要がありましたので、Amazonで安いのに評価高いこれを買いました。

Muslady フォノプリアンプ オーディオファイルM/M レベルコントロール RCA入出力インターフェース付き


評判では本体は良いものだけどACアダプタは悪いので交換を進める的な事が書かれていたので、手持ちの12V 1A のアダプタと交換して使っています。


レコードは昔に購入したものも含めて10数枚程度ですが、クラシック、ジャズ、テクノを中心に改めて聞き始めました。

カートリッジとかフォノイコとか変えてみたい欲はありつつも、今の環境で満足しているので、その満足度合いを身体で覚えるくらい楽もうと思います。



2020/09/27

自転車をいろいろメンテナンスというより部品交換

 


最近はオートバイが欲しいなと思いつつ、今乗っている9年半ものの自転車のメンテナンスを初めてしました。

初めてなことがほとんどなので、試行錯誤しながらゆっくり楽しんで進めています。


センタースタンドの取り付け


自分が乗っている自転車は、小径な20インチの自転車なせいか、坂道などにサイドスタンドで止めると前輪が動いて安定性が悪いので、交換してみました。

もともとスポーツサイクル用としてのスタンドなせいか、取り付け場所には困らなかったものの、どうしてもペダルにあたってしまいます。

別のものをともおもいましたが、ひとまずは使えているのと安定性もたかまったのでこのまま使います。


タイヤの交換


これが、一番大変でした。Youtubeで何回も予習と道具をそろえて準備しました。
やってみると意外にできるものだなと思いつつ、タイヤの向きを前回り、後ろ回りを逆に取りつけてしまいました。ひとまずは困っていないもののチェーンのの交換をするときに付け直そうかと思います。


ハンドルグリップとギヤカバーの交換





ハンドルについているギヤ変速機のグリップのゴムがべとべとしていたのでハンドルグリップと合わせて交換しました。

どちらも大きさが微妙に異なっていましたが、使えないこともないのでそこは気にしないことにしました。


サドルも変える


サドルも変えました。サドル止めているボルトは13mmとペンチがなかったのでモンキーレンチで何とかしました。

今月は自転車をいじる楽しさをしる一か月でした。

自転車のいじるにあたってこれらのものを買いました。
あとは困ったときのモンキーレンチと10mm,14mmのペンチとドライバーも準備しました。



















ダイトーボイス NC-3 という店舗用らしいアンプ

  普段は自作した簡単なモノラルアンプを使って音楽を聞いていますが、お値段控えめなスピーカーで有名なダイトーボイスの店舗用らしいモノラルアンプを手に入れました。 店舗用らしく、見た目より実用重視なつくりで、鉄板ケースやスイッチやボリュームの役割が遠くからでもすぐわかるある意味親切...