kindle unlimited

2019/11/06

NFJさんのエンクロージャー自作キットでスピーカーを作りました


NFJさんから980円(いまは少々値上がりしています)という破格のエンクロージャー(スピーカーの箱の部分)キットを使ってスピーカーを作りました。

NFJ謹製エンクロージャー自作キット[MODEL-PLS]
https://store.shopping.yahoo.co.jp/nfj/h217.html

このキットはスピーカーをしまう穴は自分で開けるという、木工初心者にはとてもハードルか高いのですが、それを除けば、スピーカー本体とボンドをのぞいたターミナルや、吸音材、はては紙やすりまで、必要となるものは全て入っていて親切なキットなのに値上がりしても1280円で販売している素敵なものです。
※穴あけが苦手な方にも別売りで穴あき板材うっています(2019年11月時点)

組み立てと作ったスピーカー

今回は、キット推奨のスピーカーを使用せず、何年も前の雑誌の付録についていた、スキャンスピークの5cmを使った密閉型を作りました。

スピーカーを組み立てるのは苦手なので、組み立て途中の写真を撮る余裕もなく、仕上がりもうーむな漢字ですが、ひとまずできたことが嬉しいです。

完成したスピーカー、小さくて可愛いと感じました。

密閉型なので、付属していた吸音材では足りず、ひとまず100円均一で売っていたポリエステルの棉を詰め込みました。

開けた穴が小さくてカッターでゴリゴリ広げるという・・・
せっかくなのでペンキ塗りをして仕上げました。経年で馴染むことを期待して適当な塗りです。

ミルクペイントのバニラ色

聞いてみて

スピーカーがいいのか、箱がいいのか、腕がいいのかわかりませんが、満足の行くものができました。

比較したスピーカーも癖があるので印象でしかないですが、低音から高音までスッキリ出て元気があるけどシャカシャカした軽い印象もありました。

とはいえ聴き込んでいるうちに、シャカシャカした軽い軽い感じも落ち着いてきたので、もう少し聴き込んだり、吸音材をちゃんとしたものにするなど気軽にいじっても楽しめそうなものができました。









LRパッシブミキサーなるものを作ってみた

Streo雑誌の連載を楽しみにしているのですが、今回は自分にヒットする内容でした。紹介されていた、ステレオの音声をボリュームをつかってミキシングして最終的にはモノラル合成になる機材を作りました。 これは個人的にはヘッドホンで聞くときにわかりやすいのですが、昔のステレ...