kindle unlimited

2022/04/20

初期型のプレステ1をCDプレーヤーとして使いたい

 手持ち無沙汰というより、気になっていた事から Streo誌で連載されていたり、だいぶ前に音質面で評判の良かった初期型の Play Station のジャンク品を購入しました。

併せて、ジャンクなコントローラー(問題なし)、電源コード、黄色赤白のRCAケーブル併せて1,000円でした。



購入したときは、電源、映像、音声は問題なさそうだったが、CDを読み込まないどころかモーターも回転しない状態でした。

まずは、汚れをできるだけ落として無理ない範囲で綺麗にしました。

次に、CDドライブの不具合かと思い、aliexpress から互換製のあるCDドライブを購入し、約3週間ほどして受け取って勢いよく、交換するも反応しませんでした。

あきらめるか?と思ったけれど、せっかくなのでメインボードを洗うことにしました。フラックスがべとべとしていたので触るのが面倒だったし、基盤洗浄のテストで終わってもいいかなと考えたのです。


使った洗剤は、油やヤニ汚れに強い「ハヤトール」をかけてしばらく置いて水洗い。フラックス汚れは限定的な汚れ落ちでしたが、べたつきがなくなってきれいになりました。

洗浄後は端子類はドライヤーを使い、1日干して乾かして組み立て。無事、CD読み込みできました。

丸い穴の下にスイッチがあります

ということはおそらくは、CDカバーを閉じると反応するスイッチの汚れが不調の原因だったのかなと思います。


ついでにCDドライブのギアにグリスを簡単に塗って仕上げました。

CDが全く動かないときは、これを疑ってみるのも一つの手だてかなと勉強になりました。

これを置く場所を決めるのが場所をとるだけに大きなミッションです。





普段は網戸の交換の時にサッシに吹き込んでます。

2022/04/01

憧れと懐かしさと新顔の iPod

 


左から iPod Classic (7Th), mini (2nd), nano(5th) です。今年に入って色々購入しました。
iPodはもう枯れに枯れた音楽プレーヤーですが、音楽を聴くに特化しているので音楽聴いているつもりが、Youtube 見たりするなど気が散る要素を減らしたくてです。

もっぱら憧れであった iPod Classic をメルカリで購入したのがきっかけで、当時使っていたmini 、ハードオフで見かけたnanoも購入して壊れた時のバックアップ体制もバッチリです。

iPad mini の方はバッテリーがへたっていたので、その交換のついでに128GBに増量しました。nanoの方もバッテリーがへたっていますが、そのうち交換するかもです。

今回は今更感満載な iPod Classic のバッテリーとイヤフォンジャックとロックスイッチの交換したので記念に描きます。
160GB な HDD はまだ使えるし、全ての音楽入れるわけではないので、このまま使います。HDD のキュイーン音はびっくりしつつ慣れてきたので悪くないです。


購入直後のiPod Classic ステンレス製は錆びないけど傷つきや強いので、1500番のやすりとピカールである程度綺麗にしました。


ここから分解、部品交換ですが、iFixit iPod さんを見ながら分解です。金属の薄いヘラの道具を使うと分解しやすいです。


前回バッテリー交換で分解した時、青いヘラの個所でケーブルを切ってしまいました。
影響はロックできなくなる。だけだったのでひとまず安心しましたが、やっぱり交換することにしました。


到着した、交換用のヘッドホン端子とロックスイッチの部品です。


取り付け完了。後はもとにもどすだけです。


ぶじ、交換作業できました♪


今回の交換とは関係なく、iPod Classic を数日間の出張先やホテルでつかいました。いいBGM環境が手軽にできたし、バッテリーも気にすることなく使えたのでよかったと改めて感じました。





HDD壊れたら使うかもしれない


私が使ったのはクリームの方です

スズキ ジェンマ50 各種ワイヤーへの油差しとフロントブレーキシューの交換

  スズキのジェンマ50のお手入れを試行錯誤しつつ楽しんでいます。今回はアクセル、ブレーキ、スピードメータのワイヤー注油とフロントタイヤのブレーキシューを交換しました。 カバー類をとりはずして ライト類も取り外し、 ハンドル周りのカバーをほぼ全部はずして気がついたのですが、ワイヤ...