kindle unlimited

2019/12/01

1台目の isonetta のインシュレーターを作る(ローコスト)

左が1台目、右が2台目のisonetta

2台のisonettaというisophon製のスピーカーを持ってみて(ともにセカイモンから購入)、時代は似ているものの中のスピーカー自体(トランスのありとなし)、ボリュームの有無、見た目、使われ方などの違いがあることを知りました。

1台目の方はどこかで(博物館内って書いてあったかな?)壁掛けとして使われていたようで日焼けや天側の汚れが目立ちました。

一方で2台目の方はあまり使われていなかった様子で、とても綺麗なコンデションでした。
とはいえ、音の鳴りっぷりは今の所は1台目の方が良くなっている気がします。

今回は1台目のisonettaにはついていなかった台座の足がどういう感じなものなのか、2台目を手に入れたことでわかったのですが、きっと売っていないと思ったので、ローコストで簡易的なものでも作ってしまう。ということを書きます。

これまで使っていた台座
それまでは、インシュレーターがどんな素材でできているかわからなかったので適当に作っていました。木片にパテを介してゴムをつけた簡易的なもの。ただ、抜け落ちてしまうのが難点でした。

ゴム板買ってきました
で持って足つきのisonettaをみるとどうやらゴム製のように見えました。なのでゴム板をホームセンターで買ってきました。

だいたいの大きさに切って・・・

適当に型取りして適当にカット

けっして綺麗ではないけどどうにかできました
どうにかしてインシュレーターを完成させることができました。


適当に作った割には満足のいく、ゴムの切り方も学べたのでつくってよかったです。

0 件のコメント:

レコードプレーヤーの電源線を交換しました。別のカセットデッキは失敗中

  先日購入しました中古のTechnics SL-2000 という1976年頃のプレーヤーはほぼ毎晩聴いてまして癒されているのですが、交換された電源ケーブルが約70cmと短くて不便だったので交換しました。 裏蓋開けたところです。中央下からでている白い方の線が今回交換する電源ケーブ...