kindle unlimited

2021/11/05

ciscoのwebexマイクを普通のマイクとして使いたい



 cisco のTV会議システム (今はWebex)、機種によっては付属している小さいけれど性能の良いマイクがあります。


職場では、普段はこのマイクではなくて、普通のマイクを変換してTV会議システムに接続していたのですが、ふとこのマイクの存在を思い出して使ってみると、思いの外使いやすかったので、自分用にメルカリかヤフオクで入手しました。
(いま時点で、オークション系の相場は4,000円前後、中古では20,000円前後、新品は後継のものが50,000円くらいです)

せっかく高性能なマイク(と思っている)なので、cisco以外でも使えるように(4極ジャック→XLRプラグ)変換ケーブルつくりました。

うまく行けば、自宅での活用はもちろん、職場でもcisco以外の機器でも使う事ができ、応用が可能になるからです。

ちなみに、利用にはファンタム電源が必要なので、対応する機器に接続します。

PCに直接接続はできないのが残念ですが、当たり前といえばそのとおりなのでマイナスポイントではないのです。


部品

今回は以下の部品を使用します

3.5mm 4pin プラグ(ciscoマイクをつなぎます)

XLRジャック オス(ミキサーなどにつなぎます)

2芯シールドケーブル(変換だけなので短くても)

※今回は使っていませんが見た目重視のため、金属ケースに4pinプラグを入れたほうがかっこよさと安定性があると思います。


作成

ciscoマイクは先端から HOT COLD Micのスイッチ GND というピンの役割となっているので、XLR側はマイクスイッチ以外の線をつなぎます。


これをミキサーなりオーディオインターフェイスにつなげば利用できます。
※cisco マイクのミュートを表す赤ランプが点灯していますが、ひとまずは気にしないようにしています。



終わりに

結果、数千円でいいマイク(でも会議向けです)を手に入れることができたと思います。

テレワークする機会がなかなか無いのですが、家でもきっといつかは役に立つと思います。
気に入ったのでもう一つ購入しました。








ciscoのwebexマイクを普通のマイクとして使いたい

 cisco のTV会議システム (今はWebex)、機種によっては付属している小さいけれど性能の良いマイクがあります。 職場では、普段はこのマイクではなくて、普通のマイクを変換してTV会議システムに接続していたのですが、ふとこのマイクの存在を思い出して使ってみると、思いの外使い...